【ボランティア情報 10月】

22519062_1580563252003759_5232599427343694877_n.jpg


呉市市民協働センターでは、毎月、ボランティア募集情報やセンターからのお知らせをメールマガジン「メルボラ」で配信しており、情報は各センターでの掲示物でもお知らせしています。

今月から、こちらのブログでもお知らせすることになりました!ぜひ様々な活動をする際の参考にしてくださいね!

なお、参加したいボランティアがある場合は、それぞれの連絡先に直接お問い合わせください。

 

*******************
ボランティア募集情報5件
呉市市民協働センターからのお知らせ1件
*******************

 

◯ボランティア募集情報◯

 

【古切手・書き損じハガキの整理ボランティア募集】

内 容:「善意のポスト」に集まった古切手・書き損じハガキの
     仕分けや整理
日 時:11月10日(金)13時30分から15時30分 
場 所:呉市社会福祉協議会2階 小会議室 
    呉市中央5−12-21呉市福祉会館内
定 員:15名
問合せ:呉市社会福祉協議会 地域福祉課
電 話:0823 25 3505

 

【子供向け工作と遊びの体験指導員募集】
内 容:ねんりん作品展・体験コーナーにて
   (1)コマの作り方・まわし方の指導
   (2)ミニバスケットの遊び方の指導。
日 時:11月18日(土)9時30分から16時
    11月19日(日)9時から15時
場 所:くれ絆ホール ねんりん作品展会場(呉市役所1階)
定 員:3〜4名
締 切:10月31日(火)
申込先:青壮会(せいそうかい)
電話/FAX:0823 23 6082(山本)

 

【無料学習支援者の募集】
内 容:子供達(小学生〜高校生)に学校の予習・復習や勉強を
    教えて下さる方の募集 
日 時:毎月第3日曜日 15時から17時
場 所:ひろ協働センター 会議室(広市民センター4階) 
問合せ:学び隊(たぁーい)教え隊(たい)
電 話:090 4579 7878(山中)
    *午前中または19:00以降に連絡

 

【呉市動物愛護センター・収容動物のお世話ボランティア】
団体名:くれアニマルボランティアの会
日 時:毎月第3日曜日 13時から15時
    (少しの時間でも可能です)
場 所:呉市動物愛護センター
    (呉市郷原町2380-319グリーンヒル郷原南側)
アクセス:http://hiroshimapet.blog109.fc2.com/blog-entry-524.html
内 容:収容動物のお世話(散歩やブラッシング)、施設の清掃など。
    作業にあたっては職員及び動物愛護推進員が案内致します。
服 装:汚れても大丈夫な服装でご参加ください。
    散歩の際には日よけ帽子(水分補給なども)、
    施設内の作業はマスク・長靴が必須です。
定 員:高校生以下の方は保護者同伴でお願いします。
    定員限りあり。
電 話:0823 70 3711(9時から17時)
備 考:ペットを飼っていらっしゃる方は、
    ペットワクチンを接種し、作業で着用した服、
    靴の殺菌、手洗いなど感染防止を徹底してください。

 

【エキストラ・ボランティアスタッフ登録募集】
団体名:呉地域フィルムコミッション
内 容:エキストラ・ボランティアスタッフ
担 当:呉市産業部観光振興課内
電 話:0823 25 3309 
メール:kankou@city.kure.lg.jp
URL:http://www.kurearea.jp/film/index.html
備 考:なお、この募集は「登録」であり、必ずしも
    エキストラ及びボランティアスタッフとしての参加を
    約束するものではありませんのでご了承ください。

 

◯呉市市民協働センターからのお知らせ◯
 
呉市市民恊働センターでは「奇数月」にひろ協働センター、「偶数月」にくれ協働センターにて毎月第3金曜日に講師をお招きして手しごとサロンを開催しています。
完成後はお茶を飲みながら地域の気になるアレコレ話をしましう!

 

【にじいろサロン@ひろ】
「アロマバスボムをつくろう」
自分の好きな香りのアロマオイルを選んでバスボムを作りましょう。
講 師:竹森純子さん
   (AEAJ認定アロマテラピーインストラクター) 
日 時:11月17日(金)10時から12時 
場 所:ひろ恊働センター(広市民センター4階)
定 員:8名
対 象:呉市在住の方
申込み:11月2日(木)9時からお電話でお申し込みください。
料 金:無料(簡単なアンケートにご協力ください)
問合せ・申込先:ひろ協働センター 0823 71 0321
   (水曜休館*祝日の場合、翌日休館)

 

**************************

 
【メルボラの登録と解除方法】

 
「 mm@kuresc.net 」

 
上記のメールアドレスの件名に、登録する場合は「登録」と記入して送信してください(本文は未記入で構いません)。
ご登録いただくと、呉市市民協働センターからメールマガジン「メルボラ」を配信します。ご購読は無料です。是非、ご登録ください。また、解除する場合は「解除」と記入して送信してください。

 

**************************

 

呉市市民協働センターでは、地域情報や団体紹介をしています。ぜひ、呉市役所1階の「くれ協働センター」広市民センター4階の「ひろ協働センター」にお越しください。

 

発行元:くれ協働センター
呉市中央4丁目1−6 呉市役所1階
TEL:0823 25 5602 

 

呉市市民協働センター
http://kurekyoudou.net/
 

22405954_1572575679469183_6575026118004185475_n.jpg

10月20日(金)にサロンを10時から12時までで行います。
今回のテーマは「生活に役立つ筆ペンの書き方」です。

筆ペンの書き方を練習する時に、重要なのが筆ペンの持ち方です。
ボールペンを持つように、紙に対して寝かせて持ってしまうと筆ペンでは上手に書けません。まずは持ち方に気をつけることが大切です。
筆の運び方、トメ・ハネ・ハライを確認しながらバランスの良い文字の書き方のポイントを押さえ筆ペンの書き方のコツを一緒に学びましょう!

使用する筆ペンは書きやすい硬筆タイプで、のし袋の用途に合わせた文字の練習ができます。
知っているようで知らない「のし袋の豆知識」がたくさん載っているスタッフ作成の豆知識チラシとともにご自身が書いたのし袋も持ち帰れますよ。

参加費は無料ですが簡単なアンケートにお答えください。
手仕事を終えた後はあなたのお住まいの地域の話を聞かせてくださいね。

問合せや申込みはくれ協働センターまでお願いします。
お気軽にご参加ください。

協働センタースタッフ 岩崎 

【自治会巡り/くれ協働センター】

IMG_0686.jpg

地域の方々の関心が高いのは防災です。
"いざという時にどう対処すればいいのかを取材しよう''ということになりました。
協働センターでもさまざまな自治会の防災の取り組みを知りたいということで、その際近く防災訓練をされるということだったので「三条地区防災訓練」の取材に行きました。

10月1日(日)両城1区・両城2区・三城通1区・西本通1区・三条2区・西本通2区・西二河通1区が5班に別れ、地域の自主防災会と小学校が合同で防災訓練を行いました。
地域住民145人、教職員・市職員・消防署員等26人、小学生101人、計272人が訓練に参加しました。

三条地区自治会連合会会長の中本さんは「昨年と訓練内容が同じなのは災害に対処できるように繰り返し行っていくことが大切と考えているから。」と話しました。

訓練内容は「消化訓練」「救急・救命訓練」「煙中体験訓練」「ロープ結索訓練」「簡易担架による搬送訓練」の5つで、班ごとに順を変えて訓練を行いました。

両城小学校の校長先生は「災害が起こった時、助け合わなくてはいけない。いつ何が起きるか分からない。防災訓練に参加することで顔見知りになり、このような機会を通して絆が生まれいざという時に助け合えると思う。」と話しました。

西消防署の林さんは「災害はいつ発生するか分からない。南海トラフ地震は今後高い確率で起こると言われている。いつ起きるか分からない災害に備えて対処できるようにして欲しい。」と話しました。
また、訓練の中で住民に対し「一人暮らしの高齢者をターゲットにした防災グッズを送るという詐欺が全国的に増えている。未遂に終わっているが気をつけて欲しい。個人情報は絶対に伝えないように。」と語り、注意喚起をお願いしていました。

協働センターでも協働の取り組みをすることで防災について考え、今後各地域の自治会を取材できればと思います。

協働センタースタッフ 岩崎

10月6日〜10月12日まで。
広市民センター1階市民ギャラリーにおいて、
ひろ協働センターの施設紹介と、4月〜9月までの活動をまとめたポスター展を開催しています。(^^)

お近くまで来られましたら、
是非、見てくださいね。

本日、早速に興味を持っていただき
4階までお越し下さった方が続きました。
ありがとうございます。

これからも気軽に訪ねていただける工夫を
してゆきたいと思います。

宜しくお願いいたします。

ひろ協働センタースタッフ 井上

今年も気付けば10月となり、残りが少なくなりました。

今月も、本紹介をする日がやってきました!

 

今月10月に紹介する本は・・・

 

  NPOのためのマーケティング講座(長浜 洋二/著)

  難病患者の恋愛・結婚・出産・子育て(秋山 智/著)

 

 

この2冊!

 

NPOのためのマーケテイング講座」

ボランティア活動だから必要になるマーケティングの基本的な考え方と

様々な事例が紹介されている本です。

 

「難病患者の恋愛・結婚・出産・子育て」

若年性パーキンソン病の患者の方の手記が掲載されています。

先月、書籍コーナーに新設した「福祉関連書籍コーナー」に紹介した本を

今月は、このコーナーで取り上げました。

呉市在住の方の手記も掲載されていて、身近なできごとであることを

実感できる本でした。

 

ひろ協働センターでは、ゆっくり読んでいただけるスペースがあります♪

広市民センター4階 ひろ協働センターにお気軽にお越しくださいね^^

 

ひろ協働センタースタッフ 大下

【呉市議会図書室に行ってみました】  

22045759_1562060787187339_7280969179733943720_n.jpg


呉市役所4階にある議会図書室、市民も利用できるのを知っていましたか?
 
貸出はありませんが、館内での閲覧、またコピーは、当日申請すればできるんです。
 
探しものがあったので訪れてみたところ、とても充実していてびっくり!
 
時期ごとの特集コーナーも設けられていて、今の特集は「ナイトタイムエコノミー」と「18歳選挙」。
10月、11月と選挙が続く呉市ではとてもタイムリーですよね。
 
また、驚きなのは昭和26年度分から閲覧できる、市議会会議録。
時代ごとにされていた議論の内容が細かく記録されていてとても興味深いですよ。

まちづくりに関する書籍も多いので、他の地域の事例やこれまでの呉市の取り組みを知るにはとてもわかりやすい場所だと思います。

様々に本をセレクトされている図書館司書の方が、どのような本があるか丁寧に案内してくれますよ。
(写真NGなので手のみの出演です。直接会いに行ってみてくださいね。)
 
調べ物にとてもオススメです♪
様々な場所を活用して、活動に生かしてくださいね!
 
 
スタッフ 小野

【利用者交流会を開催しました!】

22050226_1559630204097064_2832029923696378090_n.jpg

 先週の金曜、22日の夜に、呉市市民協働センターの利用者交流会を開催しました!
 
センターを利用者の方々の声で良くしていくために、例年「利用者協議会」として開催してきましたが、今年は、より利用者の方々の交流を深めて、協働の動きが交流から生まれる場にしよう!という目的で「交流会」として開催しました。
 
呉市公益活動団体に登録されている団体から、27団体、32名の方々が集まりました。
 
まずは「チラシの作り方」の講義。
団体の皆さんからのお悩みの中で、PRに関するものが多かったため、パソコン初心者でもできる作成方法やフリー素材の使い方、また、画像などの利用の際の注意点などを講義に盛り込みました。
 
そして講義のあとは、グループに分かれて、意見交換。
「活動を始めたきっかけ」「呉をどんな場所にしたいのか」「そのために足りないもの」「互いに協力できること」という議題を設けて、グループに分かれてお話してもらいました。
 
それぞれに活動の内容は違っても、抱えている悩みは共通していたり。
会場からは「どこも同じなんですね」「今度、活動を見学しても良いですか?」「一緒に企画しましょう!」という声も。
 
実施後のアンケートでは「交流会をもっと開催してほしい」との声が多くみられました。 
 
自分たちの暮らすまち、呉を、それぞれが真剣に考えていることが分かり合える場になったのではないかと思います。
 
協働センターでは、活動場所の提供、また、活動のフォローをはじめ、1団体で解決できない問題がある際に、他の団体などと協働の取り組みにすることで解決していく、協働のコーディネートもしています。
 
皆さま、お気軽にくれ協働センター、ひろ協働センターにお越しくださいね。
 
 
スタッフ 小野

【宇佐神社の祭りアテンド】

21766788_1559548997438518_3964764031099441249_n.jpg

 
日本語学習や交流活動を通し、様々な文化をもつ人々が相互認識と理解を深める活動をされている、公益活動団体「ひまわり21」。
 
9月23日の宇佐神社の祭りにアテンドさせていただきました。
ひまわり21の日本語教室の学習者や呉高専の留学生など、7カ国12人が鍋地区の祭りに参加しました。
 
北区の子ども神輿に参加し地域の方々と一緒に町廻りをしました。
地域の方々はとてもあたたかく、積極的に海外の方と会話をしてコミュニケーションをとってくださいました。
日本人が英語で質問して、海外の方が堪能な日本語で返す一幕も。
「ワッショイ!!」の掛け声はこうするんだと、言葉だけでなくユーモアを交えながら身振り手振りで教えてくれた方、「一緒に写真を撮ろう、来年も祭りに来てよ」と声を掛けてくれる方もいました。
 
参加者は祭りに登場するヤブと写真を撮ったり、子ども神輿を担いだり、太鼓を叩いたり、幟を持たせてもらったりして呉の祭り文化に触れました。
初めての体験ばかりで色々と大変だったと思いますが、参加者の皆さんは意欲的に取り組んでくださいました。
夜勤明けにも関わらず祭りが見たいと参加してくれた方もいて、そう思ってくださったことがありがたかったです。
 
最後に、和やかで楽しい時間を送ることが出来たのは地域の皆さんのご協力のおかげです。快く迎えていただきありがとうございました。
 
このような機会をまた作ることができればいいなと思います。
 
 
協働センタースタッフ 岩崎
10月のテーマは『生活に役立つ筆ペンの書き方』です。

サロン10月.jpg

急な出来事でのし袋が必要になることがあります。

にじいろサロン@くれではのし袋の表書きを筆ペンで上手く書くコツを教えます。

恐縮ではございますが講師は私、協働センタースタッフの岩崎が担当させていただきます。

なかなか筆を使って書く機会はそう多くはないかもしれませんが、筆の文字にはどことなく温かい印象があります。

また、筆ペンの使い方だけでなくのし袋の豆知識も学びます。スタッフが作成した豆知識一覧には「筆について」「結び切りと蝶結びについて」「名前の書き方」などがあり、知っているようで意外と知らないのし袋について一緒に確認していきましょう!
書いたのし袋はお持ち帰りいただけます。

手仕事の後には簡単なアンケートにお答えいただき、参加者の皆さんとお住いの地域について話をします。

申し込みは10月3日(火)から電話で受け付けです。
見本を作成しますので電話にてスタッフがお名前の漢字を伺います。

お問い合わせ・申し込みはくれ協働センターまで。
みなさんのご参加を心よりお待ちしています。

協働センタースタッフ 岩崎

IMG_0301.JPG

くれ協働センターでは活動紹介のパネル展示を行っています。

協働センターに作業や会議室利用で来館された方だけでなく、初めて立ち寄られる方にも「くれ協働センターはどういった場所なのか」「日頃どういった取り組みをしているのか」展示を見て知ってもらえたらと思います。

展示内容は3つです。
小学生と中学生が身近なボランティアに参加する「キッズボランティアプロジェクト」。
8月に行った「カンボジアに絵本を送ろう!」についての紹介では、参加者の感想とともに活動の内容を展示しています。

公益活動団体・行政・事業者・ボランティアなどからの相談に対し、各団体が抱えている問題について協働の取り組みにつなげるコーディネートについては、事例を挙げて紹介しています。
協働センターは公益活動に利用できる場であり、さまざまな団体の「協働の取り組み」をサポートする場で、随時相談を受け付けています。

手仕事をした後で地域について参加者から話を聞く「にじいろサロン@くれ」については、これまで行ったサロンの内容(6月・8月)を紹介しています。
次回の開催は10月でテーマは「生活に役立つ筆ペンの書き方」です。ぜひご参加ください!

協働センタースタッフ 岩崎